皆さんは最近、映画やドラマなどで注目を集める公安警察というものをご存じだろうか。

いまだ秘密の多い政府の裏組織について、その実態はどうなっているのか。



「公安」と呼ばれる組織は、大きく分けて3つある。

 
まず、「警察庁警備局」。そして、「警視庁公安部」を筆頭とする、全国都道府県警察の公安警察。

もう1つは、法務省に属する「公安調査庁(公調)」である。


 PH01_1605


警察庁警備局には、公安課、外事情報部などがあり、これらが全国の公安警察、外事警察を束ねている。

そして、警視庁を始めとする各都道府県の警察本部には、それぞれ公安・外事を担当する部署がある。

中でも、「公安部」という独立した専門組織を持つのは警視庁だけである。

指示命令をする立場の警察庁警備局には実働部隊はいないことからも、

警視庁公安部は“公安の中の公安”という位置づけになっている。

 

警視庁公安部の実態については非公表となっており、警察外部はおろか、同じ警察官でありながら、

他部署にいてはその詳細が知れないほど、秘密主義が貫かれている。

その陣容は警視庁だけで推定1100人前後、各警察署の担当係を含めると総勢2千数百人規模に上るという。



警視庁公安部が監視・取り締まりの対象とする範囲は、

大きく“国内の組織”と、“海外のスパイ”に分かれる。

前者の担当部署が「公安総務課」と「公安1~3課」で、後者の担当部署が「外事1~3課」である。



そして、その存在すらも公表されていない裏の裏組織に、外事4課はある。

江戸時代の将軍直轄組織、『御庭番』にあたる裏組織が実は現在も現存しているのだ。



その外事4課が決死の潜入捜査官を送りこみ、およそ3年もの歳月を費やし

やっと黒幕にたどり着けると思われる、有力なカギを握る4人の女スパイを挙げることに成功した。

しかし、特殊訓練を受けている女どもを相手に、取調べがうまくいかず

指南役であるJAGAに取調べが委任されたというわけだ


では早速、法的証拠ともなりうるJAGAの取調中の映像をお見せしよう




女スパイは4人、水希杏、涼南佳奈、田原ななみ、南ゆうな

PH01_3093





動画:mp4形式 1920*1080 60i 82min

(※巻末、杏と涼南の別アングルからのおまけ映像有)
(※スマホ・タブレットでのご視聴可能です)